UA-208627283-1

COVID-19のスペルを逆さまにするとヘブライ語の【悪霊】になる

わたしの大切な人が、救われて欲しい。いつもそう願っているのですが、皆さまの周りではまだまだ根強い洗脳が続いていますでしょうか?
今回はなんとあの新型コロナと呼ばれるCOVID-19の真相を現していきたいと思います。

怖がって欲しいのは、コロナではありません。ワクチンです。

COVID-19のスペルを逆さまにすると現れるもの

COVID-19。もう何年もネットニュースなどで目にしてきたのでパッと見ただけで何のことかわかるようになりましたが、読み方を知りませんでした。

(コビットナインティーン)と呼ぶようです。

COVID-19のスペルを逆さまにすると

COVIDをヘブライ語にするとDIVOCとなり、「死者の魂」または「悪霊」と読むと騒がれております。

人々は昔から悪霊を恐れていました。

呪いやお札や呪文など、何の役にも立ちません。聖書の神に立ち返るのみです。

DIVOCと言う名の映画が出てきた

ソニーがクリエイティブコミュニティにおける映像制作の支援プロジェクトとして【DIVOC12】というオムニバス映画を生み出しました。

底で起用されているソニー所属のyamaという方の楽曲表紙が青と黄色で構成されております。

青と黄色・・・。

わたしはこの動画を見ていたので、なんだかぞっとしてしまいました。

https://www.bitchute.com/video/giNZgHvgbUgR/

こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼と共に投げ落とされた。

黙示録12章9

キリストの従者とそのまわりの大切な人達、皆がどうか救われますように。

おわりに

神はいつも私たちを、良い場所へ導くために尽くしてくださいます。
イエス様が心に来てくださると、強く生きる力が沸いてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。